「稼げないブロガーの特徴5つ」という類の動画では語られないこと

ブロガー blog
ブロガー

WFHが始まった頃にYouTubeをBGMにしていたのですが、その頃に気になったBGMをライブ配信しているチャンネルの事を調べていた頃、様々なYouTubeチャンネルを視聴してました。

その中に「稼げないブロガーの特徴5つ」のようなタイトルの動画もあった気がしたので、頑張って履歴から探したのですが、見つけられませんでした。見つかったらまた後で追記するかもしれませんが、とりあえずその時のメモです。

5位 裏技を探し続けてる人

4位 自分の頭で考えられない、指示待ちの人

3位 先人の真似をしない人

2位 相手(読者)目線を持っていない。

1位 記事を書いていない

稼げないブロガーの特徴5つ という動画

オチの1位があまりにもオチてなくてひどいよね、という点でこの動画のことをメモしたのだとは思いますが、他の4つはどうなのか考えてみます。

まず5位。裏技を探し続けている人。チート探しという事ですね。SEOとか、PVアップ手法とかそういう類でしょうか(古くてすいいません)。技術的な興味があるなら、逆にその解説をしてくれればそこそこ人気が出ると思うんですよね。昔でいうところのアドテクって、普通の人がわかるような解説が少なくてなんとなく煙に巻かれていた感じでしたし。

続いて4位。自分の頭で考えられない、指示待ちの人。まぁそういう類の人がわざわざアカウント作ったりしてブログを始めるのか?それすら指示されているだけじゃないのか、じゃあ給料もらってるわけだから稼いでるじゃん、というツッコミしか生まれてこないのですが、仮にものすごくUXが素晴らしいブログサイトがあったとして、気を失っているうちにアカウントができて後は書くだけになっているとしましょう。そういう人はブログで稼げないのか?たぶんブログサイトのアカウントを作った事自体のインセンティブが「アカウント登録したら3000ポイントプレゼント!」とか別のところにあったのかもしれないわけで、もう稼いでしまっているんじゃないか思います。

ちなみに、上司に指示されてブログを始めて今や立派なブロガーや講師として活躍されている方を知っているので、指示待ちな人がブロガーで稼げないと決めつけるのは、そういう成功者に失礼だと思ってます。

3位。先人の真似をしない人。言いたいことは何となくわかります。過去の再現性の高い成功事例を真似れば、同じく成功も再現できるから稼げるようになる、即ちこちらの情報商材を購入し、紹介する○○サービスに契約してください、という理屈じゃないでしょうか。これって4位の自分の頭で考えられない人なんじゃないかと思ってしまったのですが。だってちゃんと考えて先人の知恵を活用できる人なら、「情報商材で言われた通りやってみたら○○万円稼げた」という吊りタイトルでブログを書いてそれなりにPVを稼げると思うんですよね。

2位。相手(読者)目線を持っていない。()が無ければそりゃそうだよねと思うのです。別で書いた提案書のポイントのエントリーに挙げられている項目でも最初に書かれている要素だったわけです。ただ「読者」となるとある意味自分自身も読者な訳なので、自分の目線も読者の目線になってしまうこともあるわけですよね。書いたら読み返さない、とかいう場合もあるのかもしれませんが、それって読者じゃなくて()に入れるべきは作者じゃないのかな。まぁいいか。

こういう○○の特徴3つ、とかのタイトルも1つのプレゼン手法でしかなく、3ポイントルールというやつですが、その話を聴くと、思い出すのがこちらの動画です。

How to sound smart in your TEDx Talk | Will Stephen | TEDxNewYork

テクニックはあくまでもテクニックであって、伝えたいコンテンツがあってはじめてそのテクニックが効果を発揮するので、自分が伝えたい事を聞いてもらいやすい形にどうやって消化させられるかを考えて、日々精進していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました