カテゴリー
curated

マイクロソフト、WebIDEの「Visual Studio Codespaecs」を「GitHub Codespaces」に統合へ

マイクロソフト、WebIDEの「Visual Studio Codespaecs」を「GitHub Codespaces」に統合へ

マイクロソフトはWebブラウザで利用可能な統合開発環境、いわゆるWebIDEの「Visual Studio Codespaces」を、GitHubで提供を予定しているWebIDEの「GitHub Codespace」へ統合することを 発表しました 。 Visual Studio Codespacesは、2019年5月に行われたMicrosoft Build 2019でVisual Studioファミリーのなかで、Web版のVisual Studioの位置づけとなる「Visual Studio Online」として 発表され 、その1年後の今年2020年5月に「Visual Studio Codespaces」と名称変更され、パブリックプレビューとして 利用可能になりました 。 Visual Studio Codespacesは、Visual Studio Codeをベースにしているため、既存のVisual Studio Codeの拡張機能が利用可能。 機械学習がコーディングを支援してくれる「IntelliCode」、Visual Studioファミリー製品のあいだでリアルタイムにコードの編集やデバッグ操作などを共有できる「Live Share」機能などが最初から搭載されています。 すぐ使えるサービスとして提供されているのではなく、利用時にはMicrosoft Azure上にユーザー自身のインスタンスがプロビジョニングされ、そこにVisual Studio Codespaceが自動デプロイされ、起動して利用可能になる、という少々ややこしい利用方法となっていました(そのため利用料金はプロビジョニング時に選択されたインスタンスのCPU性能とメモリ容量に依存していました)。 Visual Studio CodespacesとGitHub Codespaces 今回発表されたのは、このVisual Studio Codeのパブリックプレビューが、同内容のサービスとしてGitHubがアーリーアクセス版として提供していた「GitHub Codespaces」に統合される、ということです。 GitHub Codespacesは、今年5月に行われたGitHubの年次イベント「GitHub Satellite 2020」で、Visual Studio Codespaceの発表と同日に発表されています。 […]

Click here to view original web page at www.publickey1.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA