カテゴリー
curated

GitHub Actionsを使ってAndroidアプリをFirebase App Distributionへ配信するまでのベストプラクティス

GitHub Actionsを使ってAndroidアプリをFirebase App Distributionへ配信するまでのベストプラクティス

どうも、GitHub Actions大好きな @tarumzu です。 今回はGitHub ActionsでAndroidアプリを配信する際のベストプラクティスな記事がなかなか無いなと思ったので、無いなら作ろう!という試みです。 例としてdev環境とstg環境の2つをApp Distributionで配信するという流れをGitHub Actionsで作ります。 まずは早速コードの全文です。今回はタスクごとにJobを分けて対応しています。こちらのコードを順を追って説明していきます。 .github/workflows/publish.yml name: publish on: push: branches: # 今回はdevelopブランチをdev環境、release/〇〇〇ブランチをstg環境への配信としてます – ‘develop’ – ‘release/**’ jobs: build: runs-on: ubuntu-latest steps: – uses: actions/checkout@v2 with: submodules: true – name: cache gradle uses: actions/cache@v2 id: cache_gradle with: path: | ~/.gradle/caches ~/.gradle/wrapper key: ${{ runner.os […]

Click here to view original web page at qiita.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA