カテゴリー
curated

Kubernetesのマルチテナントの現状を整理する

Kubernetesのマルチテナントの現状を整理する

はじめに 本記事では、 Kubernetes で実現するマルチテナントについて、2020年9月時点での現状と、将来的に利用できるであろう機能の紹介をいたします。各機能についての詳細は、参考ドキュメント等を参照していただければと思います。 本記事の要点 マルチテナントは単一の クラスタ ー上に複数のテナントを共存させることを指す。 Kubernetes にはマルチテナントを実現するための機能が備わっている。 Kubernetes のマルチテナント機能は、SIGを中心として機能開発が進められている。 Benchmarks Tenant Controller Hierarchical Namespace Controller Virtual Cluster マルチテナントとは まずマルチテナントの概要を説明します。 マルチテナントについて理解するには、まずテナントとは何かを知る必要があります。テナントとは、 CLI ・ API ・UIなどの インターフェイス を通じて、システムへのアクセス権を持つユーザー・グループの集まりを指します。 Kubernetes においては、kubectlコマンドや Ingress /LoadBalancerなどのServiceリソース、 Kubernetes Dashboard などを通じて、 Kubernetes クラスタ ーリソースへのアクセス権を持つユーザー・グループのことを指します。 マルチテナントは、1つの共有リソース上に複数のテナントを共存させるような形態を意味しています。 Kubernetes では、複数のテナントが1つの Kubernetes クラスタ ーを共有することをマルチテナントと呼びます。 マルチテナント導入のメリット マルチテナントを導入することでどんなメリットを得たいかといえば、大きく2つのメリットがあります。 コスト削減 各テナント毎に単一の […]

Click here to view original web page at techstep.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA