カテゴリー
curated

iOS14純正翻訳アプリをDeepL、Googleと比べたら想像以上にアレだった

DeepLをiPhoneで快適に使えるショートカットが良い感じ、かな。

iOS14純正翻訳アプリをDeepL、Googleと比べたら想像以上にアレだった

Appleがおくる月額フィットネスサービス「Fitness+」登場 #AppleEvent より黒く。macOS 11 Big Surのダークモードに工夫あり 携帯の転入・転出さらに手軽に?「MNP手数料」に原則無料化案 大坂なおみ選手のツイートを読み込ませたところ。Apple翻訳よ… Photo: satomi むおおおおお…。 iOS 14ではApple純正アプリ「Translate」が初期アプリに加わって、よく使う言語をダウンロードすればオフライン翻訳も可能です。「もうほかの翻訳アプリは消しちゃってもいいっかなー」なんて思ってる人も多いんじゃ? 気になる翻訳精度をチェックしてみました。比較対象は Google翻訳 、 DeepL翻訳 です。 DeepLって何? これを知らないとモグリな訳文検索エンジン「 Linguee 」を手掛けている、独ケルンのDeepL社が2017年夏リリースした 翻訳ツール です。今年3月に日本語にも対応し、早くも翻訳精度がヤバいと 評判 。「 AWSの日本語ドキュメントが何言ってるのか分からない場合、英語版をDeepLで翻訳すると分かる 」とまで言われていますよ。 使い方は簡単で、 ここ に原文を貼り付けるか、ツールをインストールして訳したいところを選択してCtl(Cmd)押しながらCをダブルクリック。これで翻訳窓が立ち上がって自動翻訳してくれます。 ここまでの文章で比べてみる …と回りっくどい文章を打ち込んだところで、前の段落の文章をまるまる流し込んで翻訳の精度を調べてみましょう。いま思いついただけなので、翻訳しやすく短く区切るとか、まったく意識していない悪文です。「ヤバいと評判」の部分とか訳せるのかな?と思ったら…ジャーン! 恐ろしいことにDeepLとGoogleはほぼ完ぺきに訳しているではないですか!!!!! ものの数秒でこの精度。ほんと商売あがったりですわ。 DeepLは噂通りのすごいヤツだった GoogleはCologne(ケルン)も訳出しているので、市名が重要な場合はGoogleの勝ちですが、DeepLは「ドイツだけで充分通じるし、普通こう書くよ?」という校閲マン的判断で市名を削ったような雰囲気さえありますよ。「has already been well received」なんて言い回し、ネイティブだってなかなか出てきません(Googleは時制と「as early as possible」のところが不自然)。文章の被りはあるけど、「the text for you」と締めるところなんて本当に人間みたいで、「日本語を英訳して、DeepLで答え合わせするといい勉強になる」と言われるのも納得です。 一方AppleはDeepLのほめ言葉をけなし言葉に意訳 Appleはやけに短くてシンプルだなーと思ったら、なんと、難しいところは全部すっ飛ばして、わかるところしか訳していません。断捨離です。 […]

Click here to view original web page at www.gizmodo.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA